しみができてしまったら、それはエイジングのサインです。

しみは長年、紫外線を浴びたりして、蓄積され、「メラニン」と呼ばれている色素がしみとなって表面に現れてきます。

多量の紫外線を浴び 「メラニン」が増殖して黒くなってしまった状態は日焼けです。

ターンオーバーでメラニンは徐々に排出されていきます、加齢とともにその機能が低下し、新陳代が衰えて、排泄されずに、色素沈着となってお肌に残ってしまいます。

これらがしみと呼ばれるものです。

ターンオーバーが追いついていかないのです。

それでは紫外線の他にもしみの原因はあるのでしょうか?

外的要因では過度な摩擦刺激でおこったります。

又、石油系化粧品の使用によってもできやすくなります。

内的要因では加齢や遺伝によるものでできる。

妊娠によるホルモンのバランスの影響で起こるものもあります。

他に、内臓疾患、不規則な食生活による栄養障害などや、

タバコ、ストレス、慢性疲労、睡眠不足などが原因に、さまざまな条件でしみが起こります。

しかし、しみは、発生する必要のない環境になればターンオーバーにより確実に排出され、解消していきます。

しみの出来にくい生活環境を見直して、気長にしみ対策スキンケアを続けることです。

 

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索