しみができてしまったら、それはエイジングのサインです。

しみは長年、紫外線を浴びて、刺激され、蓄積されて、「メラニン」と呼ばれている色素がしみとなって表面に現れてきます。

また紫外線の刺激によって、活性酸素が発生します。この活性酸素は適量であれば、肌を紫外線から守る働きをしますが、過剰に発生してしまうと、しみ、しわなどを作ってしまう両手の矢になります。活性酸素は名前の通り、活性化された酸素のことです。刺激を酸化させることで、攻撃をしますので、多量に発生すると肌を更に攻撃し、老化が進んでしまうというわけです。

又、ストレス。喫煙などの生活習慣でも活性酸素は発生してしまいます。

多量の紫外線を浴びることで、「メラノサイト」色素形成細胞を活発にさせる、情報伝逹物質増え、「メラニン」を作り出し、増殖し黒くなってしまった状態を日焼けとよく言いますが、メラニンが表面の肌に送られて、蓄積するというメカニズムです。通常であれば、ターンオーバー(肌が生まれ変わる)は28日間隔で行われていきますが、メラニン、しみはその時に表皮からアカとなって剥がれ落ちてしまうのですが、メラニンがターンオーバーにより良好に行われないことで、蓄積し始めると、残ったメラニンがシミになってしまいます。

またその他に、ターンオーバーでメラニンは徐々に排出されていきます、加齢とともにその機能が低下し、新陳代が衰えて、排泄されずに、色素沈着となってお肌に残ってしまうのです。

これらがしみと呼ばれるものです。

つまり、ターンオーバーが追いついていかないのです。

それでは紫外線の他にもしみの原因はあるのでしょうか?

◆外的要因では過度な摩擦刺激で色素が残ってしまいます。

又、石油系化粧品の使用によってもできやすくなります。      

◆内的要因では加齢や遺伝によるもので形成される。

妊娠によるホルモンのバランスの影響で起こるものもあります。

他には、内臓疾患、不規則な食生活による栄養障害などや、

タバコ、ストレス、慢性疲労、睡眠不足などが原因に、さまざまな条件でしみが起こります。

しかし、しみは、発生する必要のない環境になればターンオーバーにより確実に排出され、解消して行くのです

しみの出来にくい生活環境を見直して、気長にしみ対策スキンケアを続けることです。

自分のしみがどのタイプか見極めましょう。

それぞれのシミによって治療する方法も変わってきます。

 しみの種類

◆老人性色素斑

米粒程度の大きさから数センチに及ぶものもあります。しみの

境界線が割とはっきりしており、黒っぽい、又は褐色が見られます。

◆そばかす(雀卵班)

頬から鼻のあたりまでに小さい茶色の斑点が沢山できてきます。子供にも多く、思春期にも目立つようになりやすいです。紫外線の影響でそばかすは更に悪化することがあります。遺伝子の影響もあると言われています。

◆AMD(後天性真皮メラノサイトーシス)

頬骨のあたりに両側に褐色から紫色の褐色が、青みを帯びたあざのように大きく現れることがあります。色白の肌や白人の人の中にも多く見られます。

◆ニキビ(炎症後の色素沈着)

ニキビだけでなく傷の跡、炎症を起こした後にできたシミです。はあのターンオーバーにより、シミは次第に薄くなり消えていきますが、傷が深い、しみの色が特に濃い場合、しみが残ることがあります。

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索