しみ、しわ ほうれい線を治す、皮膚科で処方される薬

トランサミンを皮膚科で処方して貰って白肌を目指す方法。(◀︎直接購入可能です)

セルフケア法で、ビタミンC誘導体+イオン導入器を使う方法。

ビタミンC誘導体はハイドロキノンが配合されたもの良いそうです。そばかすにも良いです。(◀︎直接購入可能です)

(私の場合はハイドロキノンが効果がでましたので、続けています!)

輪郭がハッキリしていて定着してしまったシミは、美容クリニックでのレーザー治療が適しているようです。

ピーリング+美白化粧品ハイドロキノン◀︎私はセルフでこの方法をとっていますが、、

ピーリング化粧品は、使い方や使用頻度、商品によっては肌にダメージを与えてしまう恐れがありますので呉々もご自分の肌にあったものを使ってください。

ニキビや傷による炎症後、火傷後、虫さされ跡もピーリングが効果的のようです。

肝斑には、トラネキサム酸という内服薬が有効だといわれています。(◀︎直接購入可能です)

馬油でターンオーバーを促進

馬油は、昔から火傷や切り傷、肌荒れなどの民間治療薬として広く知られていますが、漢方薬を取り扱う病院ではアトピーやニキビの治療薬として処方されることもあります。

最近取り入れている塗り薬があります。薬と言うか、要はプラセンタ導入なのですが、プラセンタジェル(プラセントレッ)を肌にすっとのばして、簡単お手入れをしています。こちらを塗ると翌朝の肌が違います。(▲直接購入可能です)

プラス、化粧水で水分補給をしっかり取れた後には、ヒルドイドフォルテクリーム (◀︎直接購入可能です)

を、優秀な保湿クリームです。これを塗ってお肌の保水が逃げないように、蓋をします。翌朝のお肌が、化粧ののりもすこぶる良いです

よ!^ – ^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク