自分でできるシミ消し、スキンケア以外に食品を、

自分でできるシミを消すスキンケアは?それだけ??

スキンケアも重要ですが、摂取する食品にも気つけてみましょう。

シミに良い食べ物に、ブロッコリー、大豆、大豆製品、牛乳、こんにゃく、などがよく言われています。
栄養成分的に分析しても、メラニンの生成することを防ぐ働きがあるので、これらはとても良い食物です。
手軽なので摂取しやすいでしょう。

できてしまったシミにはビタミンCを、ccレモンなど簡単に取れるものも良いですね、

そして、シミを予防するためにはビタミンAがより効果的なので、
勤めて摂取するようにしましよう。
新しいしみをできにくくして、ターンオーバーをより確実なものにしてくれるでしょう。

ビタミンC(アスコルビン酸)は水溶性ビタミンとして働きますが、メラニンの生成を防ぎ、しみ、そばかすを予防する役割をします。また、コラーゲンの生成にも複雑に絡み合って、これを助けます。疲労回復にもとても効果的です。

ではビタミンCの多く含まれる食品を見てみましょう。 (調査にて多い順に並べました)
アセロラ、ケール、パセリ、茶類、グァバ、あまのり、赤ピーマン、ゆず、黄ピーマン、芽キャベツ、キウイフルーツ、なば菜、唐辛子、ブロッコリー、すだち、なずな、レモン、白菜、みずかけな、なす、かぶ、ケール、カリフラワー、えんどう豆、青ピーマン、すけとうだら、ニガウリ、わさび、すぐきな、ホースラディッシュ、高菜、レッドキャベツ、ルッコラ、モロヘイヤ、アケビ、からし菜、あおのり、いちご、ほうれん草、のびる、さやえんどう、オレンジ、ぎょうじゃにんにく、ししとう、せとか、水菜、豚肉、かき、牛乳、大根、カリフラワー、グレープフルーツ、パパイア、キンカン、葉大根、れんこん、等
 好きな食材は見つかりましたか?

ビタミンAは脂溶性のビタミンですが、大きく2種類に分かれます。動物性の食品に多く含まれる「レチノール」よく耳にしますね、
「プロビタミンA(αーカロテン・βーカロテン・βークリプトキサンチン)」植物性食品に含まれます。

レチノールの働きは視覚の正常化、成長及び生殖作用、感染症予防などがありますが、脂溶性であるため、あまり取りすぎると、体内に残りやすく、摂取過剰になる場合があります。これに対してβーカロテンなどのプロビタミンAは体内で必要な量だけがビタミンAに変化するので、摂取過剰などの危険性が低いと言えます。

ではビタミンA レチノールの多く含まれる食材を順に並べてみます。
豚レバー、ニワトリレバー、あんこう肝、八つ目ウナギ、あゆ、うなぎ、ほしのり、あまのり、まつも、抹茶、パセリ、岩のり、いか、たこ、玉露、マジェランあいなめ、銀ダラ、唐辛子、牛レバー、煎茶、ガチョウ、人参、アナゴ、しそ、ケール、モロヘイヤ、バター、チリパウダー、ワカメ、鶏心臓、鮭、ます、すじこ、鶏卵、パセリ、川苔、牛乳、よめな、バジル、パプリカ、こい、ほうれん草、よもぎ、うずら卵、わかさぎ、かぼちゃ、あしたば、春菊、なずな、イワシ、杏、めたで、トウミョウ、ナチュラルチーズ、など、

現代の食生活は糖質や脂質の摂取が過剰になりがちです。
栄養のバランスを考えて、ビタミン、ミネラル、繊維質などにも気をつけて摂るようにしましょう。

肉や魚類、大豆製品などのヤンパク質、野菜、果物、海藻類、などをバランス良く!

ファストフードや揚げ物、甘いスーツ類、洋菓子、生クリーム、バター、アイスクリームなどの脂質の取りすぎには特に気をつけたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク